ぽぽカフェ

母さんがお世話になりよった ゆうの森 たんぽぽクリニック ぽぽカフェ 第二回 お声かけいただいて お邪魔してきた 今回のテーマ 「食べることをあきらめない」 あれもこれもダメよダメダメ じゃなくて 食べたいもの 食べれるように工夫 ビール飲みたければ どうぞ~ これでいいのだ--- たとえ病気になっても やりたいように楽なように これぞ 永井先生

Musu
きざみ食や ムース食 栄養士さんや調理師さんの努力で ここまで進化 進歩しとんや おうどん かまぼこ 鯛の塩焼き アイスクリーム 嚥下障害のある人にも おいしく食べてもらおうと 味だけじゃなく 見た目にも すっごい工夫 どれも おいしい ただなあ うちの母さん 喜ぶ か いうと ちーと違う たぶん 首フリフリして いらん って 言うかも だって うちの母さん おかゆや雑炊 大嫌いやったんよ こんなやおやおしたもん 食わんて 言うかもな でも 一口食べてみたら 思わぬおいしくて また 口開けるかもなあ(笑) 患者さんへの 思いやり どこまでも 果てしない 

ご家族の方とのお話 は まだ ぎこちない 感じから どうしても抜け出せない まだ 二回目やもんな そのうち 顔も覚えていくやろし ボチボチ で ええか なんのお役にも立ってないんやけど 永井先生の 「これで いいのだー」  そう? これで ええんなら また 寄らせてもらお ありがとう   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝塚歌劇

Udon早起きしてでも おうどん 食べよっ Kazuちゃんは かまあげ 私は 肉ぶっかけ おいしい もう ず~っと ここに座って ず~っと 食べよってもええなあ(笑)

さあて コトバスツアー 宝塚歌劇 星組講演 桜華に舞え に出発!Ranti
明石海峡を渡って イグレックテアトルで フレンチ 

Takara1_3
そして すみれミュージアム 宝塚文化創造館 元々は 宝塚音楽学校だったらしい 宝塚の歴史 いろんなもんが展示されている ゴージャスな歴史やなあ

Takara2_2
さあ 宝塚にとうちゃこ~ 大階段? に 立ってみた 今度 来る時は 白いパンツで来よう 宝ジェンヌ に 近づきたい~ (笑) 無理??? それにしても なんでもない普通の日やのに この人出は どしたん? 宝塚って 不思議よなあ 見たら また 来たい 行きたい! って み~んな思うんやろなあ 私も また 行きたい! 楽しい! ありがとう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月5日

5
高松へ とうちゃこ~ 麺市場で おうどん 私は 釜玉うどん うまいっ そして おやつがいっぱいでござるよ ご面倒かけまするな ごめんあそばせ お許しくださいな ありがとう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大文字

さあて 高松へ 到着 すぐ わかめうどん もちもち固めのおうどん これぞ 讃岐うどん おいしいっ そして ムフフ パンケーキUdon

そして 京都 大文字 見るどー わーい 楽しみ 大文字焼きのための お願いを書いた護摩木 預ける そして 銀閣寺 暑い中 ちょこっと坂も上ったり降りたり ふぅ~ けど 京都らしい景色に うっとり Ginkaku

あぶらとり紙やハンドクリーム人気の よーじやへ おっしゃれ~ 暑いっ かき氷 「おおきにどす」 京都弁も ちらっと それから 京料理 Tofu

さあ さてさて 大文字焼き 見んとなっ と とっころが そろそろ始まるぞ~っという時刻に こともあろうに どしゃぶりの雨 降るわ降るわ 止む気配ない 大雨の中 びしょ濡れになりながらも 向こうの山に 大の文字が浮かび上がるのを 今か 今かと 待ちわびるも 大雨で視界が悪くて なんも見えん ダメ がっかり こんなこともあるんやな Daimonji

さあて おうどん 食べて 帰ろうっと ばか一代 朝も早から行列 ぶっかけ うまっ さすが うどん県 楽しい思い出を ありがとう

 Udon1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都へ

Tenryuji_3
天龍寺へ 到着 

きれいな京都らしいお寺さんやな 日本庭園が きれい なんいうても 嵐山が まるで庭のよう なんて ぜいたくなお庭なん・・・ 

ここで精進料理をいただく それにしても 暑いなあ

Toroko_2
そして 嵐山トロッコ に 乗る 窓のすぐ下は 渓流 涼しい 気持ちええ

Kawakudari_3
そして 保津川下り 2時間以上かけて 前に二人 後ろに一人の船頭さんが 手漕ぎ 竿で 水の流れの浅いところや 行く手の岩を避けながらの 川下り 京都の夏の景色を満喫しながらの川下り 山椒魚もおるらしい 見ることはできんかったけど ほんだけ 水がきれい いうことなんやろなあ 京都の人は 水 汚さんように 気をつけよんやろなあ

Togetu_2そして 渡月橋へ わお~ ここか~ よう サスペンスドラマなんかで 出てくるよなあ 

日本人の観光客も多かったけど 白人 中国人 イスラムの人 外国人がいっぱい 異国の 子供たちも 京都を 楽しそうに 歩いてた

ほっこりしとるよなあ 

母さん 母さんは 京都 行ったことある いうん 自慢げにしゃべりよったよな なんで? なんで? 一緒に 連れて行ってくれんかったん? って まだ 私 生まれとらん頃の話やもんな 無理か(笑)

それにしても 暑い シューアイス 食べよっと

あこがれの京都 歩きよる 

まるで 夏の夢 ううん 夢じゃない 現実やけん 

ありがとう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高松

Tamari_3
さあて 高松へ まずは 讃岐うどん 食べよう 溜(たまり) たまりうどん と お寿司 えび天 う~ん コシのある 讃岐うどん おいしっ

Yasima_2

そして 屋島へ 屋島からの 瀬戸内海のうっとりしそうな景色 そして 屋島城跡の城壁

Genpei

それから 高松平家物語歴史館へ おどろおどろしい蝋人形館 わーーー 怖い ほやなあ 私たちは 能天気に生きとるけど 私たちのご先祖様 いろんな歴史があるなあ す~っと後になって 今の 私達って どんなふうに語られるんやろか? スルーされるかもな(笑)

Ihara
そして ローストビーフのお店 イハラ食堂へ イケメンのシェフ パッチリ アボガドのサラダ 玉子焼き 生姜の釜めし う~ん 満足々 さあ 早寝よ 明日は 京都や

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坊っちゃん劇場

大雨かな と 思ったら 暑くもなく 大雨でもなく 薄曇り ええ感じ Kazuちゃ 登場 さあて まずは チャティクロスへ 思わぬ長居 ありゃりゃ 時間 大丈夫やろかTosendo_3
今治市 道の駅 さいさいきてや に 寄ってから かき氷が めちゃおいしい と 噂の 登泉堂 へ ご自慢の 手作り イチゴシロップは もう 無いんやと ほやろなあ えらい み~んな 行く 行こ って 言いよったもんな まあ しゃあない Kazuちゃんは ミルク金時 私は 梅みつ金時 これはこれで おいしかった 満足々 

Ohenro
そして 坊ちゃん劇場へ向かう んやけど なんと 時間が足りんかも 一般道 国道 走ろう 思うたけど こりゃあ 間に合わけん やっぱ 伊予小松から 高速乗って ダッシュ ほんのちょっと 始まったばっかりの頃 到着 スタッフが 席まで 案内してくれて なんとか 見れたけん 良かったあ 「お遍路さん どうぞ」 お四国遍路で出会った 若者たちと亡霊たちの不思議で愉快な物語 

Nan_2
ほんで エベレストフード で ナン とカレー 暑かったし ちょいお疲れ気味? 食べきれんくて ナン お持ち帰りに 包んでもろた 

今日も 1日 ご苦労様でしたあ 私の 案内は アナログで 申し訳ござんせん 同行二人 って 言うやろ? って まあ 私とは 嫌よねえ(笑) まあまあ これからも よろしくねっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石見銀山

Iwami11
日帰り コトバスバスツアー 島根 石見銀山へ 朝5時50分 出発 まずは 三宮(さんくう)神社へ のどぐろ弁当食べながら 石見神楽を見せていただく 

Iwami22 今日の 演目 恵比寿 と 大蛇(おろち) ドンドコドンドン ピーヒャララ 神様 出てくる 大蛇 出てくる 大蛇は 火吹くし お弁当 食べよる場合じゃなかろ 食べる より 見たい こんなん 初めて 見たがね 長い々歴史のあるもんなんやろなあ うん ほやけど それにしても 今日は 暑い ふぅ~

Iwami33_2
そして 世界遺産の 石見銀山へ まあ ほうやろな とは 思とったけど やっぱり 山道 坂道 30℃越えの中 歩くんは まあまあ 堪えたわい 

間歩(まぶ) という 自然銀を掘り出していた 手作業で掘られていたというトンネルの中へ うわぁー ここ 涼しいがね 気持ちええ~ 出口に近づいたら あんまりにも気温が違い過ぎて メガネが一気に曇って 前が見えんようになったわい(笑) 

いろんな思いや いろんな歴史が いっぱい いっぱい あるんよなあ 

ふと 思った この頃って もしかして 私の ご先祖様は いったい どこで 何しよったんやろか? ご先祖様 おるはずよな???(笑) 

ほんまに 人間って すごいなあ ほして このクソ暑いのに フゥフゥ フラフラしながらも こんなん 見に来る私達 そして この暑い中 ガイドしてくださる地元の方 ここの歴史は まだまだ 続いとる 保存していくのも 並大抵のことやないやろ…

帰りは ちょっと遅くなって いつもの 高松からのバスには乗れん 多度津から JRに乗ることにした Kazuちゃん 私が一人で電車にちゃんと乗れるかどうか心配で 一緒に降りてくれた ひぇ~ もう遅いけん? JR駅 もう 窓口 ぜんぶ閉まっとるし 人もおらんし いやぁ 一人じゃなかって良かった 私を乗せるまで 見よってくれた 疲れとんやろに 申し訳ない でも 心強かった ありがとう もう 誰が見ても どっから見ても 立派なおばちゃんやろに 中身は お子ちゃま なんよな ごめんなさい これに懲りずに これからも よろしくお願いいたしまする ありがとう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ぽぽカフェ

母さんがお世話になっていたたんぽぽクリニック 患者さんや家族の気持ちに真摯に向き合うためにも と 介護されているご家族の 家族会を始められることになった ぽぽカフェ と 名付けられて 第一回目 午前10時半から 私も お邪魔することになった まずは 笑いヨガの玉井先生の登場 「愛媛の泉ピン子で~す」 って ほうやね 体型は 泉ピン子やね(笑) この 笑いヨガ ただ笑うだけで ストレスを発散し 元気に健康になれる という そんな 笑いヨガを広めようとされている 声に出して ホッホッホッハハハハッ ヤッターヤッターイェーイ を 繰り返す 不思議なことに み~んな笑顔になってる 

そして 今や 介護真っ只中のご家族さんと 少しだけ お話した お母さんを介護されてる娘さんと お話した 「私のことが わからなくなってる」「わけもわからず 叫びよる」 と つらそうや 私 「私の このペンダントの中 亡くなったお母さんの遺灰 少しだけ入っとんよ いつも一緒なんよ」 あまり時間がなくて ほんの少しのやりとりやったけど お互い 涙なくしては語れん そんな中 ご家族さんの一人が ハーモニカを演奏してくださった もうダメ 涙腺がゆるんでしもた もう少し もっと 娘さんのお話を聞いてあげたかった 娘さん 涙が出てきた いうことは 少しだけでも 気持ちがはじけたんやないかな また 出て来てくださると ええな なんぼでも 話 聞いてあげられる 1日中でも 話せそうやけん でも まだ 今日は一回目 始まったばっかり これから やけんな なんか 少しでも 気持ちに寄り添えるような お話できたら ええな また 会えますように 

Udonそして 今日は 夕方のバスで 高松へ 高速バス停まで Kazuちゃん お迎えに登場 

高松の おうどん屋さんは 店じまいが早い 夕方以降 開いとるお店は ほとんどない でも 麺市場 開いとるらしい うれし~ 食べれる~ おろしだいこんたっぷりのぶっかけ と イカとかぼちゃの天ぷら やっぱ おいしい シアワセ~

明日の朝は早い 早っ帰って 寝んといかんな わ~い なんか ルンルン気分やがな ありがとう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鯛飯食べた~い

Kasima
まずは 猫ちゃんグッズのチャティクロスへ そして 秘密のケンミンショー 見て Kazuちゃん 鯛飯食べた~い ほんなら と 北条へ 鯛飯の老舗 太田屋 とっ ところが 今日は お食事お休みさせてもらってます って えっっ そんなあ~ ショック だけど くじけちゃおれん 沖の鹿島(かしま)の太田屋へGO! こんまい船に乗って 案内の声は 愛媛出身の友近 すぐ目の前の島へ お天気いいし 気持ちの良い風 ルンルン

Taimesi

ほんの数分で 鹿島へ到着 海の見える 潮風のわたるお部屋で 鯛めし と タコのぶつ切り うわぁ~ そやなあ ここ 子供の頃 母さん 夏休みによう連れて来てくれたなあ 母さん ここ 大好きやったんかもな ああ ほうや 6月27日 母さんの命日やがな 子供の頃は こんなとこで食べる鯛飯 あんまり おいしいなんか思たこともなかったような… でも 今は 海を眺めながら 心地良い潮風の中 鯛づくし こんなシアワセなこと ないよなあ 今更やけど 母さん あの頃 連れて行ってくれて ありがとう 小っちゃいの じっとしとらん3人も連れて 大変やったろ? そして また 今 ここに… ありがとう Kazuちゃん

Pankake_2
そして お決まりコース パンプルゥムゥスで 生クリームてんこもりの パンケーキ 

明日の命日 お墓参り 行こっと 

母さん ちっちゃい頃だけやけど よう あっちこっち 連れて行ってくれとるよなあ 思い出をいっぱい ありがとう

大きなってからは 母さん 倒れてしもうたけん 娘と母 お話もできんかったし 一緒にお買いもの行ったり 一緒に どっか旅行行ったりは できんかったなあ でも いっつも 一緒におったもんな いっつも お話して 母さん ニコニコ 病院行ったり 車椅子 よいしょよいしょ押して ちょこっと お出かけもしたよな 

今は Kazuちゃんが 次々 いろいろ計画立てて 私を あちこち 連れ出してくれよる 申し訳ないよな でも 楽しましてもらいよる ちょっとくたびれとるけど(笑) 青春真っ只中??? さあ次も がんばりまっしょい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«法隆寺へ