« やさしい光 | トップページ | 四十九日 »

絵ろうそく

Rousoku_2 朝 迎え火 でも 母さん まだ こっちにいる はず? 明日の四十九日が過ぎたら どっか遠いとこ 行ってしまうん? どこ 行くんやろ・・・

朝 優しさ宅急便 届いた 絵ろうそく と 優しいいい香りのお線香 思わず 笑顔になってしまう 少し 元気出さんと と 思ってしまう ありがとう

従姉が寄ってくれた 母さんの12歳年上のお兄さんには 母さんが 旅立ったこと 知らせてない 一番下の末っ子だった母さん 兄姉さん達に ホントに 大事に思われていた もう95歳の 母さんのお兄さん 「冨士ががんばりよるけん わしも がんばらんと・・・」と いつも 言いよるんと いとこ達は 私ら子供より 富士子おばちゃんの方が大事みたい と(笑) そんなに 心の支えにしとるのに 先に旅立ったなんて 知らせられない と言う ガクンっときてしまうと 心配しよる 言わんでええよ もし これが逆やったら 私も よう言わん 魂と魂でつながっとるよ って 魂なんて あるんやろか? 魂があるんなら 私がこんなに泣きよんのに こんなにつらい思いしよんのに なんか 私に語りかけてや~ なあ なあ 母さん~

甥っ子も 明日の四十九日は仕事やけん と 今日 寄ってくれた やさしいな ありがとう

|

« やさしい光 | トップページ | 四十九日 »

介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1114799/46677855

この記事へのトラックバック一覧です: 絵ろうそく:

« やさしい光 | トップページ | 四十九日 »