父のこと

2017年6月13日 (火)

父とお別れ

Titi2_2


父がお世話になっていた施設から am12:30頃 電話 「息してません」 バタバタ 弟と二人で 駆け付けた やさしい顔で 眠っているだけ じゃ ない 旅立ってしまった 至急 通夜や葬儀の段取り ところが なんと うちの近所の都合のいい便利な葬儀場 申し訳ありません 今日・明日 いっぱいなんです お部屋もないし 葬儀も 次から次へと 詰まってる って ちょっと不便やけど 我が家からは 遠い場所の葬儀場を案内された へぇ~ そんなこともあるんや 母さんのことが 大好きやった父さん 結婚式の写真 この写真の母さんのお腹には もう 私が育っている 今風に言えば できちゃった婚(笑) このすぐ後 ちょい未熟児のみっちゃん 誕生

Titi3_2


そして 弟が二人 生まれて うん十年 泣いたり 笑ったり 過ごした あんまり どこも 連れて行ってもろた記憶はないけど めずらしく みんなで お出かけ これは 高知の桂浜かなあ・・・ 私達 子供3人 あんまり楽しそうじゃないよな(笑) 今一つ 子供のことを 考えてくれた 旅 じゃない 父さんの場合 母さん よりも 子供 よりも まずは 自分 や もんなあ 家の中で 男は 一番えらい 大切な存在 みたいに 大事に大事に 特別に 育てられてきた父さん まあ しょうがないか なあ 母さんが こっち来るな 言うて 怒りよるやろ(笑) でも 母さんが大好きやった父さん とうとう 母さん とこ 行っちゃった 大正15年生まれ もう いっぱい生きた お別れも覚悟はしとったけど いざ と なると つらい別れ ねえ 母さんに会えた? 父さん 母さん 一緒に過ごしたかけがえのない時間を ありがとう またねーーー

2014年12月 9日 (火)

総合病院

Ken

今日は 父の病院の付き添い ふぅ~

まずは 再診受付機で受付 今日の流れがプリントアウトされて出てくる 

まず 採血 番号で表示 呼び出し 流れ作業 そして レントゲン それから いくつかをはしご受診 それも すべて 番号で扱われる それぞれの受診も コンピューターで受付 お部屋も 内科とか外科 とか じゃなく D1 とか D3 とか その中の D1-1 D1-2 の前でお待ちください と まるで 未来世界 廊下も 長い 長い 向こうが見えない(笑) エレベーターはあっても 降りてから 歩く歩く

すべて 終わったら 会計も コンピューターであっという間 領収書と次回の予約表も 瞬時にプリントアウトされて出てくる

お薬は 院外処方やけん 病院から それぞれが 行きつけの薬局にFAXを送ってもらうことができる 

受診時には 看護師さんもいない 事務の人がいて 事務的なことをテキパキをこなしている 

相変わらず 時間はかかるけど まあ 以前に比べたら 効率的にはなっているのだろう これで 良し なんやろなあ・・・

2014年8月11日 (月)

介護保険

爺様の介護保険 更新 福祉協議会の方が聞き取り調査に来られた時 爺様 一人で しっかり 演説していた 「歩けますか?」 歩ける 歩ける 寝たきりになったりしたら おおごとよっ ってhappy02 そりゃあなあ 杖ついて ヨボヨボ フラフラ なんとか 短い距離なら歩けてるもんな 時々 こけて 大けがしよるけどなあ そして 届いた 介護保険証 以前と変わりなく 要支援1 ほやろなあ おむつのお世話になってはおるけど なんとか 家の中でも トイレにたどりつけてはいる 自分の手で 自分で食事もとれている あちこち 体中 満身創痍で 病院通い多いけど 高齢ではあるけれど まあ こんなもんかな・・・

台風一過 松山は 夏とは思えない涼しさ 松山は 石鎚に守られていて 台風の被害があまりない 不思議だ 石鎚山 ありがとう 

2014年6月 7日 (土)

できん

週末 爺様が 足がパンパンにむくんでいて しんどい 苦しい と もう 今にも 死にそうやと うめいとる(笑) ウソウソ 信用せんよっ(笑) たぶん ちゃんと お薬飲まんと さぼっとんかもしれん それくらいのことやろ 

とりあえず 弟が 週末で 仕事 お休みやったけん いつもの病院ではなくて 近所の病院へ連れて行ってくれて ああじゃこうじゃと 話聞いてもろて帰ってきた 薬ようけ飲みよるし なかなか怖がって なんもようせんよなあ~ いつもの総合病院は 担当の先生おらんと 門前払いやし だいいち 土・日なんか診てもくれんし

かまってもろたけんかなあ ちょっと ワーワー言わんなった 爺様は 大正生まれの高齢やけど まだ なんのかんの言いながらも 食欲は大いにあるし 口はたつし 足は弱っとるけど 要介護もらえるまでいかん

母さんは 私 わが身をさておいても なんでもしてあげたいと思った ほやけど 爺様に対しては 私は 自分の体のことで精いっぱい あんまり やさしく接してあげれん あれしてあげよう これしてあげよう というより むしろ できることは 自分でしてや! と 思ってしまう 冷たい娘や! なんで こうまで違うんやろ(笑) ごめんな

2014年3月13日 (木)

耳鼻科受診

日赤 リウマチ科に寄って 先生の紹介状もらって 耳鼻科受付 まず 聞こえの検査 最近 テレビの声とか やけに大きくしとる もうそろそろ 補聴器とか作らないかんやろか? そして 診察 そして また もう一度 めまいの検査 しましょう って そして 結果 聞こえに関しては 87歳の高齢にしては それなりで 上等だと思いますとのこと なんも問題ない 

そして めまいに関しては 特に 大きな問題は見つからない とのこと 良性発作性頭位めまい症 の診断 なにやら 耳の中の石が悪さするらしい 頭の向きが急に変わった時に めまいが起こるらしい お薬で治す というより これは 運動療法がいいらしい 寝てて 右向いたり 左向いたり 自分で回転して 慣れていけばいいのだそうだ めまいがするからと じっと寝てるのが 一番良くないのだそうだ 良性というだけあって 悪い病気ではありません とのこと 今 もう めまいがないのなら もう 良くなっていますよ とのこと めまいのない時に 寝転んで回転して 運動してください とのこと 耳鼻科の先生のお返事もらって リウマチ科に戻って 今日は もう診察いいですよ 次の予約の時に・・・ とのこと 終わったど~~ 

で ここんとこ 要支援1で 自費でレンタルしてるベッドとマットレス 立ち上がる時に すべると言う なんで?か わからんけど そう言うから そういえば 寝たきりというわけでもないのに マットレス ちょっとやわらかいかも もうちょっと固いマットレスの方が 寝たり起きたりも 立ち上がりも 楽かもしれん 交換お願いした 4時すぎ 持ってきてくれて交換 そう違和感がないように 厚さも同じくらいのを探してもらった どうよ? 

    

2014年3月11日 (火)

なしくずし

まずは 愛媛県立中央病院 頭のCT そして 担当の内科の先生の受診 血圧測ってくださいって言われたけど 今日は お薬の相談で来ただけやけん 血圧なんか 測らんでもええわい って 言いそうになったけど まっえっか・・・ ここ それぞれの 内科の先生のお部屋の前に 血圧測定器が設置してあって 患者が それぞれ自分で血圧を測って プリントアウトされたものを 看護士さんに渡すようになっている 爺様の血圧 正常 なんの問題もない 

昨日 一応 予約取っておいてくれたので あまり待たされることもなく 呼んでもらった CT画像 脳には問題なし 先生「めまい いつ頃からですか?」 爺様「うん 今に始まったことじゃない こんなんは 若い頃からじゃがな」 (@Д@; なんじゃと~~ 

気持ちを落ち着けて(笑) 一昨日聞いた お薬のめまいの副作用のこと 先生に訴えてみた ら 必要があって出してるお薬です どうしてもと言うなら 減らしますが それはそれで 問題がおこるかもしれませんよ と それを 私に判断せいと・・・ 無理やろ・・・ これらのお薬のせいで めまいが起こってるとは 考えにくいと思います と 言う そう言われたら 私には 返す言葉はない わからん 今まで通りに 飲み続ける という選択肢しかない まさか 先生は ご自分のプライドだけで 今の 処方を押し付けよるわけやないやろ そう信じるしかない 

明後日は 日赤で めまいのことで 紹介状書いてくれとるけん  耳鼻科 受診せんといかん 一通り やることやったら 爺様も満足やろ 

Neko 私は かなり ストレスたまっとる ちょっと家出(笑)

Kazuちゃんが ネットで見つけて 気にしてるお店 探しに行ってみようっと あったあ~

何から何まで 猫ちゃん模様 どっち向いても 猫ちゃんと目が合う 

「今日は なんも買わんけど また来ます ごめんなさい」

「うちのお客さん そんな人ばっかりなんよ 気にせんといて」 なんで?(笑) 店長さんも とっても気さくな人やった ありがとう    

2014年3月10日 (月)

病院はしご

 朝一番で 一人で 愛媛県立中央病院へ まずは ウロウロっとしとったら 最近 大きな総合病院では ボランティアのような人がいて 助けてくれる 「何かお困りですか?」 って 処方されているお薬のことで 困っています と 正直に訴えてみた 何処かへ行って 戻って来て 誰か 病院の人らしき人に取り次いでくれて その人が 受診相談窓口のような部屋に案内してくれた 受診相談??? やないけど 話聞いてくれるのは 看護士さん とりあえずは ドクターのご意見聞いてみないと 受診してください ええっっ~~~ 勘弁してよっ~ 私 もう ヘトヘトやがね

今日は 私一人やけど 担当のドクターじゃないないらしい けど まあ 客観的な 意見 聞くのもええかもしれん とにかく もう来たついでやけん 受付したわい

爺様のめまいは お薬の飲み過ぎの副作用じゃないかと言われて そこで ドクターの一言 「かなり 乱暴な ご意見ですな」 なるほど ところ変われば・・・ かっ・・・ 知識も何もない 素人の私に 返す言葉があるはずもなく 

結局 明日 もう一度 CTを撮らせてくれ と そして 担当のドクターと もう一度 話してください と まる投げ? 慎重なだけ? わからん もう わからん わからん

家に帰ったら 爺様は 今から 日赤に 行きたいと言う angry もう 電話して お願いしてあると言う こっちは リウマチで もう長いお付き合いのドクター ほんじゃあ こっちの お薬 減らしてもらうか しょうがない 行こかっ

少し お話しして まあ あまり関係ないお薬 1・2錠 減らしてみますか? とのこと あまり めまい とは 関係ないと思うとのこと 爺様のめまいは 耳からきてるのでは と なんと 新しい展開 ギャアーーー 耳鼻科 受診してみますか? って ギャフン! 今日は もう 診察時間 終わっているらしく 明日以降になるという 紹介状書いてくれるという 断るわけにもいかず なしくずしに 耳鼻科 受診が決まってしまった 

うん 結局 今週 どんだけ 病院通いすれば ええんやろ こらえてやーーー  

もう 検査なんか いらん それよりも どっか 入院さしてくれる病院 紹介してくれませんか って 聞いてみたら ええんやろか 

 

  

2014年3月 7日 (金)

低レベル

爺様が 地球がまわる と 言う めまいがするらしい まあ 何事も少しも我慢したりはしない おおげさだし ぎょうさんに大騒ぎするので  また なんか 言い出したか くらい(笑) でも まあ 「病院 連れて行ってくれ」 と おっしゃっておいでるので(笑) ゴソゴソ 支度始めた でも いつもかかっている愛媛県立中央病院は 受付が午前11時まで 間に合わんけん しょうがない 近くの病院に問い合わせてみたら 今日は 脳神経外科 診療日で どうぞ と 言ってくれた 行こう 初めてやけん 飲んでるお薬 持ってく 

診察 血圧もCT画像も問題なし 問題があるとすると 飲んでるお薬 血液をサラサラにするお薬 副作用にめまいが起こるお薬 それぞれ名前が違うのを なんと 1日に4種類も飲んでるんだそうだ 飲みすぎだと思います とのこと 飲んでるお薬を 全部教えてくれて その4種類のお薬にはチェックを入れてくれた せめて 2種類くらいにしてみたらどうかと アドバイス 愛媛県立中央病院のそれぞれの科の先生 それと 日赤のリウマチ科の先生 から 処方されている 爺様を 良くするどころか 副作用で フラフラにしとったんか??? 立派な総合病院 なにが 高度な治療や 最低やん 低レベルな治療やん 年寄りやんか どうでもええんか・・・ 

家に帰って来てから 院外処方してもらってる 近所の薬局へ お願いに行ってみた お薬飲み過ぎのめまいのようなので このチェックの入っているお薬 教えて 私が 抜くので と お願いした けど 「そんなことは 指示がないと 勝手には できません」 と でも めまいの原因がわかっているのに 放っておくん? 「なら そう言われた先生に じゃあ どれ 止めれば いいですか?」 って 聞いてくれれば うちで それは のけてあげますよ って ええっ それっ 思いつかんかった うっ~ 困った どうしよ~

愛媛県立中央病院は 一人の患者に出されているお薬 把握していないのだろうか? そんなバカな いくら忙しいとはいえ・・・ そんなこと許されない 歩くのもおぼつかない爺様連れては行けん 私 一人で 乗り込むしかない けど どこへ 行けばええんやろ 今 受付やら なにやら なにもかも すべて コンピューター管理になっとる まずは 入口の ガードマンに聞いてみて もう そこで 門前払いにされちゃう かな?! なんか 道は開けるやろかpig 

  

  

2014年2月21日 (金)

介護保険

爺様のことで 包括支援センターの人と少しお話しした サービスを受けるつもりがあるのなら たとえば 今の要支援1ではなく 足もかなり弱っているようなので 介護保険 もう一度 申請 し直してみますか?って 

たとえば 娘さんの負担が 精神的負担が そう 少しでも軽くなるように 週1回でも 「デイにでも行ってみるようにしてみたらどうですか?」 って 爺様に話してくれた しかし 爺様は 「そんなとこには 行かんでええ!」 「いかん!」 と まだ 自分で歩ける と うっ~~~ 

ということで 介護保険 今のまま 要支援1 立ち上がり失敗したら 自分で起き上がれなくて 私が介助しても 足の力がうまく入れなくて よう立たんくせにーーー pout ったく 

今日も 寒い 寒いけど お陽様が ポカポカ暖かい 桜の木は まだまだつぼみは固いけど ふと 母さんのこと 思い出してしまって なんだが せつなくなった 季節の変わり目 

でも あれやなあ 母さんが 父さんのことで つらい思いせんで良かった そんなん させたないし 見とるだけでもつらいわ 父が 酒飲みで酒癖悪かったもんやから 母さん よう言よったよなあ 「歳とっても おむつなんか かえちゃらん(笑)」って その通りになったなあ(笑)

まあ 起こってくる問題 解決できることから 一つずつ 考えてみよっ なんとかなるやろ 

2014年2月20日 (木)

あかんわ

爺様が叫んでる shock ナニゴト??? うん??? ベッドの横に倒れてる 立つのによろけてしまったらしい どこもぶつけたり打ったりはしてないけど 紙パンツははいてるけど もれてるみたいで おしっこで汚れまくってる 起こそうとするけど 腰と片足の太ももが痛いと言ってふんばってくれない 立てない しばらく ああでもないこうでもないと がんばってみたけど 私の力じゃどうしようもない 朝8時半も過ぎてたので 包括支援センターに電話して SOS 担当の人は出れないけど 連絡とってくれて なんか近くにいる人が すぐに寄ってくれて 助けてくれた 助かった ありがとう 

汚れ物の 着替えやら シーツやら 洗濯 倒れこんでいたあたりの拭き掃除 うん 私も 着替えんと 臭いか?(笑) ふぅ~ 疲れた

ここんとこ あちこち 病院通いは 相変わらず 頻繁ではあったけど 杖ついて ボチボチ歩きよったし なんとか 落ち着いとったんやけどなあ いきなり また きたなあーーー どうしたらええんやろなあ もう 家での生活は限界かなあ? 気が滅入るなあ~ 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー